保育園と幼稚園の幼保一体型
インターナショナル・プリスクール

幼児期からの「保育」と「グローバル教育」を通して、子どもたちの心身の成長と限りない
無限の可能性を広げるプリスクール・コスモグローバルキッズ(CGK)の保育・教育プログラム。

子どもの成長を保育(保育園)と教育(幼稚園)の両面から考える
「幼児園」のCGKだからこそできることがあります。

自身のルーツも大事にしつつ、新しい世界への興味・好奇心を刺激し、
自らが考えリーダーとなれる「本物のグローバルキッズ」をここ横浜で育てます。

幼児園保育教育



教育理念 本物のグローバルキッズ

「グローバル」=「語学(英語)」ではなく
「本物のグローバルキッズを育てる」ためのプログラムを提供

  • バイリンガル教育
  • 異文化・日本文化学習
  • アクティブ・ラ―ニング

多種多様な価値観を創造し、育む教育プログラム。
今後のグローバル社会において、幸せで豊かな人生を送るためには、幼児期の早期英語教育を始めとしたグローバル教育が欠かせません。
日本的な教育では育つことの難しい自主性や主体性、そして日本的な教育だからこそ育つ協調性や社会性も、すべてがグローバル教育の一環です。

「バイリンガル教育」「異文化・日本文化学習」「アクティブ・ラーニング」の3つのプログラムを軸に、それらを養い、子どもたちの能力や個性を引き出すことにより将来の可能性を広げ、さらに、「ダイバーシティ(多様性)への寛容力」を持つことで、本当の意味での『国際人』を育てます。

また、プリスクールとしては全国初、ピグマリオン幼児学育メソッドを導入し、子供たちの知性と思考力を高め、自身で「考える力」を育てます。


バイリンガル教育

プリスクールの特徴である早期英語教育の英語イマージョン教育を行い、日本語知育教育と連動性を持たせた、バイリンガル教育を行っています。

詳しくはコチラ


異文化・日本文化学習

毎月、世界各国をテーマとし、文化・慣習・イベント・食事等について、様々な国のことを楽しく学びます。小さな世界の常識ではなく、広くて多様な世界への入り口として、ダイバーシティ(多様性)教育を行います。

詳しくはコチラ


アクティブ・ラーニング

日本的な受け身型学習ではなく、インタラクティブな活動を通し、子どもたちの自由な発想や表現、行動を尊重します。子どもたちの成長、可能性を限定せず、自主性・主体性・創造性・表現力を伸ばします。

詳しくはコチラ

「アフタースクールクラス」はコチラ

CGK「教育プログラム」の一例をご紹介

【2歳児クラスでの一例】 Talk Time
・グーグルマップの衛星写真を使い、日本の「家」とアメリカの「家」を見せた。
・フラッシュカードと同様の絵を探し当てた。
・本物の「教会」を見学に行った。

学習している単語の中の一つに"house"(家)があったので、この日は、グーグルマップの衛星写真を利用して、通常とは違う視点からも家を見ました。日本とアメリカのそれぞれの家を比較して見せることで、"house"という単語の概念への理解を深めるだけでなく、異文化を同時に学ぶ機会としました。

例えば、"house"のそのフラッシュカードを見た時だけ"house"と認識するのではなく、"house"そのものの概念を理解し、他の家を見た時も"house"だと認識しなくてはいけません。
よって、フラッシュカードだけでなく、教室内に貼られた異なる「家」の絵を探しあてることにより、単語のコンセプト理解の強化、そして、座学ではなくアクティブに動くことで「学び」を楽しむことと記憶への定着を図りました。

以前、スペインがテーマの際に出た"church"(教会)では、写真やイラストだけでは概念の理解が難しかったため、実際に近くの教会へ園バスで見学をしに行きました。

【2歳児クラスでの一例】 Job Training
・様々な色の花とお金を使用した。
・店員とお客さんに分かれ、花の色と数を言って注文・購入した。

以前にTalk timeクラスにおいて、数字のカウントと、色について学習していた為、この月のJob trainingクラスのテーマは"florist"(お花屋さん)としました。

子どもたちは店員とお客さんに分かれ、お客さんは自分の好きな色の花を選んで欲しい数を言い、店員は花を渡してお金を受け取る、という買い物の一連の流れを学びました。

「数」と「色」について、ロールプレイでの形で使用しただけでなく、「ください」「どうぞ」という基本的な表現の使用や、「何色?」「何本?」といったフレーズの理解まであり、2歳児に分かりやすいシンプルなアクティビティではありつつも、幅広い表現を学ぶレッスンとなりました。

他の「教育プログラム」はコチラ

保育理念 心の成長

グローバル教育と心身の健やかな成長を支える保育

  • 共生の心
  • 思いやる心
  • 挑戦する心

英語教育だけを行うプリスクールではなく、保育と教育を行う当幼児園では、保育は、「グローバル教育」にも「心身の健やかな成長」にも欠かすことのできない、とても大切なものです。

ネイティブ外国人講師と「子どもたちの成長段階を熟知」したバイリンガル日本人保育士が、協力し連携しながら子どもたちと接することにより、子どもたちは、集団生活における協調性や思いやりも学び、人としての「心の成長」を遂げています。

自由で放任的な保育ではなく、日本的な保育をしっかりと行いながら、子どもたちの個性も尊重した保育を行っています。


共生の心

子ども一人ひとりとの関わりを大切にし、共生の心を育んでいます。
子どもたちの小さな変化にも目をやり、子どもたちの成長を助け、時にはそっと見守ることで、のびのびと健やかに育てています。


思いやる心

様々な経験や新しい発見から豊かな感性を育んでいます。
園での生活、お友だちとの関わり合いから、子どもたちの協調性、社会性を育み、思いやりの心を育てています。


挑戦する心

子どもたちの限りない可能性を肯定し、好奇心を育て、新しいものへ挑戦する心を育んでいます。
未来に希望を持ち、前へ向かうたくましい子どもたちを育てています。

Welcome to CGK!
教育で切り拓く未来のために。

グローバル化の中で、「グローバル」と聞くと、日本人にとってはまず、「言語(英語)」ということがありますが、コスモグローバルキッズ(CGK)における教育では、「言語教育」という枠組みではなく、より包括的な「グローバル教育」を行います。

10~20年以内には現在の仕事の約半数がAI化(自動化)されると言われており、今後のグローバル社会においても、「言語(英語)」という特定のスキルを身に付けるだけでは不十分だと考えられます。

CGKでは、幅広い教養を得る「異文化学習」で、多様な世界(日本での常識とは違う世界)を知り、同時に「アクティブ・ラーニング」によって、学び、挑戦する意欲・知的探究心を育みます。
在園中だけでなく、将来に亘って必要な一生モノのグローバルスキルを育てることを目指しています。

理事長・開園への想い

ブログ

  •       「言葉(ことば)」の力   
    2017/10/17
    ブログ
    「言葉(ことば)」の力
  •       Cooking: Macaroni and Cheese   
    2017/10/15
    ブログ
    Cooking: Macaroni and Cheese
  •       10/25(水)見学説明会, 11/19(日)入園説明会 開催   
    2017/10/15
    お知らせ
    10/25(水)見学説明会, 11/19(日)入園説明会 開催
  •       各種割引のお知らせ   
    2017/10/10
    お知らせ
    各種割引のお知らせ

一覧

PAGE TOP