横浜市民防災センター

7月20日、送迎バスを利用して、避難訓練もかねて横浜市民防災センターへ行きました。

消防署が見えてくると、「あっ消防車!Fire engine!」と嬉しそうに指さししながら教えてくれました。


施設のガイドさんと一緒に火災シミュレーターでの消火訓練と避難体験、減災トレーニングルームでの避難訓練、地震シミュレーターによる地震体験、災害シアターによる地震と津波の避難方法を体験してきました。


火災シミュレーターでは消火器の使い方を教えてもらい、先生が消火訓練に参加する様子を見学しました。そのあとは火災の煙の中での避難方法を模擬体験しました。先生の真似をして鼻と口を手で覆いながら避難します。入る前はちょっぴり怖そうにしていたけれど、無事出られるとにっこり笑顔で一安心といった様子でした。


Distinguisher Smoke

Smoke

減災トレーニングルームでは、地震が起きたと想定し部屋の中でどのように身を守るのかを体験しました。緊急地震速報が流れ、部屋の電気が消えても泣き出すこともなく、先生の指示に従って落ち着いて机の下に入り身を守ることができました。とっても上手に避難することができ、ガイドさんから褒められていました。


earthquake


地震シミュレーターでは実際の地震の震度と同じ程度の揺れを体験してきました。震度は1~5弱を体験し、少しずつ揺れが大きくなると驚いた表情をしていました。それから先生が残りの震度7までの揺れを体験しました。先生の様子をガラス越しに真剣な表情で見守っていました。


earthquake


それから災害シアターで地震と津波の短編アニメを見た後、消防士衣装に着替えて消防車(レプリカ?)に乗って遊びました。自分で衣装を選び嬉しそうに着替えていました。 空いている時間には消防署前にある公園の自然の中で少し遊びました。


Fire engine Fire engine

Fire engine P7202938-2

P7202829-2


毎月行う避難訓練も、こういう施設を利用すると少しでもリアルに近い体験ができて良いので、今後も工夫して「体験」を大事にしていきたいです。





バイリンガル幼児園コスモグローバルキッズ横浜馬車道

2016年4月開園。保育園と幼稚園の幼保一体型インターナショナル・プリスクール。

馬車道・桜木町・関内に囲まれた位置にあり、みなとみらいを始めとし、横浜市の色々な地域(中区・西区・神奈川区・保土ヶ谷区・南区・磯子区・港北区・港南区・鶴見区・戸塚区・泉区)と川崎市の方にご利用頂いており、園児の国籍(親の出身)も、アメリカ、インド、韓国、台湾、中国、ドイツ、日本、香港(五十音順)など様々です。

<募集>
2019年度途中入園:4歳児

<見学説明会(平日)>
2019年10月23日(水) 9:45-10:45 (満席)
2019年10月29日(火) 9:45-10:45 (満席)

<説明会(週末)>
2019年10月27日(日) 14:00~15:30
2019年度の「3歳児~5歳児クラス」2020年度の「3歳児クラス」を募集致します。

<週末親子体験イベント>
2019年10月27日(日)10:00-11:00

見学説明会・・・平日開催。実際のクラスをご見学いただけます。当園からの説明だけでなく、質問にも対応いたしますので、気軽にご質問下さい。週末説明会と同様の資料をお配りします。
説明会・・・週末開催。資料や動画を元に当園の説明を行います。
週末親子体験イベント・・・対象年齢(基本1歳児から参加可ですがイベントによって異なります)のお子様であれば、入園希望かどうかに関わらず参加可能で、簡単な英語活動やワークショップ等を行います。

お申込みはこちら

一覧へ戻る

PAGE TOP