Cooking ~みんなで掘ったさつまいもを使って~

みんなが芋掘りで採ったさつまいもを使ってクッキングをしました。
今回のメニューは「さついもの甘露煮」でした!

最初にKevin先生から、クッキングで使う調理器具や材料の名前や使い方の確認をしました。調理器具は子どもたちにとって、とても身近で、興味を持ちやすいものです。
子どもたちは、何に使うかは知っているけれど、名前が出てこない様子で身振り手振りで発言しようとしていました。3歳児クラスの子どもたちは、まだ知らない単語もたくさんありますが、英語の時間なので、一所懸命に英語で答えようとする姿はとても頼もしく見えました。


使用する物の名前の確認をしたあとは、スクリーンにレシピを映し出して、みんなで量や作り方の確認。レシピには子どもたちにもわかりやすいようにイラストも取り入れています。それは、年長になった時には、自分たちでレシピを読んで、調理をしてもらう時のためです。3歳児クラスの子どもたちにはまだ無理ですが、今のうちからレシピがあるということと、少しでも文字に触れてもらいたいと考えています。

さつまいもの甘露煮 さつまいもの甘露煮

レシピの確認が終わったら、いよいよクッキング開始。今回は2グループに分かれて行いました。
子どもたち全員に、さつまいもを切ってもらい(先生と一緒に)、調味料の計量などは順番で行ってもらいました。計量する時の子どもたちの表情はとても真剣。

さつまいもの甘露煮 さつまいもの甘露煮 さつまいもの甘露煮

さつまいもと調味料を合わせたら、最後に電子レンジに入れます。クッキングレッスンの良さは体験できるだけではなく、たくさんの言葉を引き出せることです。
先生が材料が入ったお皿をレンジに入れて、蓋を閉めずに“Let’s wait!”と言います。すると子どもたちは“No no no no!”と大慌て。先生がわざと“Why?”と聞くと子どもたちは“Close!”と扉を閉めるように言います。この他にもスイッチを押さなかったり、箱を開けずにボウルに入れようとするなど、先生がとぼけてみせればみせるほど、子どもたちは必死で間違いを教えてくれようとするので、発言力や表現力が伸びていくのです。

さつまいもの甘露煮

レンジがピーッとなったら、さつまいもの甘露煮の出来上がりです。
口の中がなくなってから、お代わりをしてねという約束を忘れて、子どもたちはものすごい勢いでお皿に手を伸ばしていました。そして、お皿に乗せたさつまいもは、あっという間になくなっていました。
中にはさつまいもがあまり好きではない子もいましたが、自分たちで掘ってきた芋を使って、自分たちで作ったことで、とてもおいしく感じたようです。

さつまいもの甘露煮

Reiko




CGKロゴ
Cosmo Global Kids International School

2016年4月開校。保育園と幼稚園の幼保一体型インターナショナル・プリスクール。

馬車道・桜木町・関内に囲まれた位置にあり、みなとみらいを始めとし、横浜市内の様々な地域の方にご利用頂いています。

<見学説明会(平日)>
お申し込み後、個別に日程について相談させて頂きます。

<説明会(週末)>
2020年8月1日(土)10:00-11:30 / 14:30-16:00
2020年8月22日(土)10:00-11:30 / 14:30-16:00

※各クラスの募集状況については、こちらの入学案内ページをご確認下さい。

見学説明会・・・平日開催。実際のクラスをご見学頂けます。CGKからの説明だけでなく、質問にも対応いたしますので、気軽にご質問下さい。週末説明会と同様の資料をお配りします。
説明会・・・週末開催。資料や動画を元にCGKの説明を行います。

お申込みはこちら

一覧へ戻る

PAGE TOP