節分 ~日本文化学習~

今年は2月3日が土曜日だったので、2月2日に節分を行いました。

2歳児クラスは、糊、シール、クレヨンの使い方を学びながら、鬼のお面の製作を行いました。出来上がったお面をエントランスに飾ると、「あれ私が作ったんだよ!」“Mine!”など、嬉しそうに見せてくれました。
節分当日は、先生が折り紙で作った升に、自分の年の数の分だけ大豆を入れました。このような行事の中にも、「小さなものをつまむ」「数を数える」など、ただ自由に遊ぶだけでは得られない体験もあります。
その後は、自分たちで作ったお面をかぶって、豆まき(紙で作った豆)をしていると、大鬼の登場!恐がって先生の後ろに隠れる子もいましたが、勇敢に豆を投げる子のおかげで無事に鬼をやっつけることができました。
 
節分

3歳児クラスは、はさみの練習を取り入れた鬼の製作を行いました。定期的にはさみの練習を行っているので、連続切りも上手になり、線に沿って切ることができるようになりました。
発表会の劇の練習もあってか、役になりきるのが楽しい3歳児は、鬼の帽子を被り、「ガオーッ!」と恐い鬼になりきっていました。子どもたち同士で、鬼役と豆を投げる役を交代したりしている姿も見られ、子どもたちの成長を感じました。

節分節分節分

節分当日は、節分の由来だけではなく、恵方巻について話した際に、方角についても話しましたが、目に見えない方角はまだ少し難しかったようです。

そして、今年は大豆製品の紹介をした後に、豆腐作りを行いました。
豆乳ににがりを混ぜるだけの、簡単なクッキングですが、電子レンジでわずか4分で液体から固体に変わるので、子どもたちにとっては興味深いようでした。

節分節分

クッキングの後に、節分についての紙芝居を読んでいると鬼が登場して、豆まき開始!鬼を追い払った後は「やいかがし(ひいらぎいわし) ※焼いたイワシの頭にひいらぎを刺したもの。イワシの匂いとひいらぎのギザギザを嫌って、鬼が寄りつかないという魔除けの意味がある」を入り口に貼って、鬼が戻ってくるのを防ぎました。


一生懸命豆を投げて鬼を追い払ってくれた子どもたちが、今年も一年間元気に過ごせますように!


Reiko




バイリンガル幼児園コスモグローバルキッズ横浜馬車道

2016年4月開園。保育園と幼稚園の幼保一体型インターナショナル・プリスクール。

馬車道・桜木町・関内に囲まれた位置にあり、みなとみらいを始めとし、横浜市の色々な地域(中区・西区・神奈川区・南区・磯子区・港北区・港南区・鶴見区・戸塚区)の方にご利用頂いており、園児の国籍(親の出身)も、インド、シンガポール、スリランカ、台湾、中国、ドイツ、日本、ベトナム、香港(五十音順)など様々です。

<募集>
2歳児:2018年度途中入園

3歳児:2018年度途中入園

※他の年齢の空きについては、お問い合わせ下さい。


<入園説明会>
2018年6月16日(土)10:00-11:30

※資料を元に当園の説明を行い、給食のサンプル試食も行います。
オープンスクール・・・平日開催。対象年齢のお子様であれば、入園希望かどうかに関わらず参加可能で、簡単な英語活動等を行います。説明や当園児の見学は希望者のみ対応可。-->

お申込みはこちら

一覧へ戻る

PAGE TOP