食育 ~野菜の収穫体験~

先日、5月にMountainクラス(4歳児クラス)が植付をした野菜の収穫に行ってきました。

園と畑は距離があるので、野菜収穫体験の協力していただいている農家さんから送っていただいた写真から野菜の成長を見守っていました。
種植えから3ヵ月。苗は大きく成長し、トマトは子どもたちの身長を超え、赤や緑の実をたくさんつけていました。
4グループに分かれ、子どもたちは自分たちが植えたナス、ピーマン、トマトを先生やバスの運転手さんたちにも手伝ってもらいながら収穫していきます。トマトはまだ緑色のものもあり、収穫をためらっていた子どもたちに「緑色のトマトは冷蔵庫に入れておくと赤くなるよ」とバスの運転手さんから教えてもらうと、安心して緑のトマトを収穫し始めていました。
その後はオクラの収穫です。オクラは大きく成長しすぎていて、食べられる時期を過ぎてしまっていましたが、普段見ることのない大きさのオクラに「これ採りたい!」と大興奮でした。
残念ながら、収穫時期を過ぎてしまったとうもろこしも持ち帰ることができませんでしたが、「なぜ収穫できなかったのか(収穫のベストタイミングがあること)」ということを知ることができました。

食育 ~野菜の食育体験~ 食育 ~野菜の食育体験~

午後はSkyクラス(5歳児クラス)が収穫体験へ。
Skyクラスは今までもさつまいもほりや大根掘りで慣れていることもあって、自分たちで野菜を見つけて収穫していきます。午前中にMountainクラスが見落とした野菜もどんどん見つけて収穫していく姿は、さすが年長さんという感じでした。
また、珍しい虫も見つけ、「はらぺこあおむしだ!」と夢中になって観察していました。

食育 ~野菜の食育体験~ 食育 ~野菜の食育体験~ 食育 ~野菜の食育体験~ 食育 ~野菜の食育体験~

収穫した野菜は、Mountainクラスは観察画を描いたり、Skyクラスは長さや重さ比べをしたりした後に、各自家庭に持ち帰りました。
次の日の連絡ノート(アプリ)で保護者の方から、「とてもうれしそうに話しながら、野菜を見せてくれた」「新鮮でとてもおいしかった」「普段は食べない野菜も、自分で採ってきたからかよく食べていた」などのコメントをいただき、収穫体験が子どもたちにとって良い経験となったことを改めて実感しました。
Reiko




バイリンガル幼児園コスモグローバルキッズ横浜馬車道

2016年4月開園。保育園と幼稚園の幼保一体型インターナショナル・プリスクール。

馬車道・桜木町・関内に囲まれた位置にあり、みなとみらいを始めとし、横浜市の色々な地域(中区・西区・神奈川区・保土ヶ谷区・南区・磯子区・港北区・港南区・鶴見区・戸塚区・泉区)と川崎市の方にご利用頂いており、園児の国籍(親の出身)も、アメリカ、インド、台湾、中国、ドイツ、日本、香港(五十音順)など様々です。

<見学説明会(平日)>
2019年12月17日(火) 9:45-10:45

<説明会(週末)>
未定

※各クラスの募集状況については、こちらの入園案内ページをご確認下さい。

<週末親子体験イベント>
未定

見学説明会・・・平日開催。実際のクラスをご見学いただけます。当園からの説明だけでなく、質問にも対応いたしますので、気軽にご質問下さい。週末説明会と同様の資料をお配りします。
説明会・・・週末開催。資料や動画を元に当園の説明を行います。
週末親子体験イベント・・・対象年齢(基本1歳児から参加可ですがイベントによって異なります)のお子様であれば、入園希望かどうかに関わらず参加可能で、簡単な英語活動やワークショップ等を行います。

お申込みはこちら

一覧へ戻る

PAGE TOP