ジョブトレーニングレッスン紹介/Job Training Lesson for Project Work

CGKアフタースクールでのレッスンについて紹介いたします。

CGKの2ヶ月間に渡って行うプロジェクト活動では、メインとなる「ドライビングクエスチョン」に基づいて学んでいきます。
今回の「ジョブトレーニング」レッスンでのドライビングクエスチョンはこちらです。

“How can we make our own fun boardgames for everyone to enjoy?
みんなが楽しめるボードゲームを自分たちで作るにはどうしたらいいでしょうか?


レッスンテーマは「ゲームデザイナー」です。
このテーマと問いに沿って、毎週子どもたちの興味を引き出す楽しいレッスンを行いました。
担当していたDan先生のコメントに訳をつけてご紹介します。
 

 
Week 1
Students are introduced to the goal of the project being to create their own original game in groups that can be used by everyone at CGK afterschool. Students discussed what things make a game good and what things make a game bad. They also discussed the importance of rules in games and decided that although rules are important they did not like really strict rules and preferred rules with a little interpretation for creativity. On the other hand they firmly decided that games without any rules just do not work. Students were encouraged though a picture presentation to think outside the box when thinking up ways they could make a game. Just using a board and dice is ok, however, including elements like cards and accessories can really bring a game to life and make it interesting. As an example I showed them the character card game I made and how the game only requires cards but there is so much you can do with it when you learn the rules and understand how it works. This demonstrated to the children that they would really need to think about the rules to their game in order for it to be a success. Some volunteers then picked their favorite game at CGK and told us the reasons why they liked it. Students then worked individually to draw and write about their favorite game and why they liked it for presentation.
このプロジェクトの目的は、CGKのアフタースクールでみんなが使えるオリジナルのゲームをグループで作ることです。生徒たちは、ゲームの良いところと悪いところを議論しました。また、ゲームにおけるルールの重要性についても議論し、ルールは重要だが、厳格なルールは好きではなく、創造性を発揮するために多少の解釈を加えたルールがいいと考えました。一方で、ルールのないゲームはうまくいかないという意見もありました。生徒たちは、絵を使ったプレゼンテーションで、ゲームを作る方法を考える際には、既成概念にとらわれないことを勧められました。ボードとサイコロを使うだけでもいいのですが、カードやアクセサリーなどの要素を加えることで、ゲームに命を吹き込み、面白くすることができます。例えば、Dan先生が作ったキャラクターカードゲームを見せて、カードを使うだけのゲームなのに、ルールを覚えて仕組みを理解すると、いろいろなことができることを説明しました。その結果、子どもたちは、ゲームを成功させるためには、自分たちでルールを考える必要があることがわかりました。また、何人かの生徒が、CGKで一番好きなゲームを選び、その理由を教えてくれました。その後、生徒たちは各自で、自分の好きなゲームとその理由を絵に描いて書き、発表しました。
 
Week 2
Students read a book as a class about games. We discussed again about the importance of rules and did an activity against the clock where students has to write down a reason they thought strict rules, semi strict rules, or no rules were a good thing and why and stick it to the white board. After discussing game mechanics students were split into groups to work on an original game idea that we can make and use at CGK. Students worked through a planning pack thinking about what they would need for a game, how it works, and rules. For presentation students presented where they had got to and had the chance to listen to group feedback.
生徒たちはゲームについての本をクラスで読みました。また、ルールの重要性について話し合い、厳しいルール、半厳しいルール、ルールがないことが良いことだと思う理由とその理由を書いてホワイトボードに貼るという時間制限のあるアクティビティを行いました。ゲームの仕組みについて話し合った後、生徒はグループに分かれて、CGKで使えるオリジナルのゲームのアイデアを考えました。生徒たちは、ゲームに必要なもの、仕組み、ルールなどを考えるプランニングパックに取り組みました。プレゼンテーションでは、自分たちがたどり着いた場所を発表し、グループからのフィードバックを聞く機会がありました。
 


Week 3
This week I discussed with students impractical areas of their games that they would maybe need to rethink and we brainstormed ideas around the feedback from their designs. Once students understood the feedback and had been show design elements they could use a computer for students broke into groups to work on their final planning booklets. This week they needed to really work on their designs and planning and communicate with their peers and the teachers to work out exactly what they wanted to make. Students work in groups very well and communicated excellently throughout the project time. One group was approved to start making their game and although a few of the groups still need to think more about certain elements of their games every group made significant progress. During presentation groups presented their work and other students had a lot of comments regarding aspects of design and rules. Overall everyone did a fantastic job.
今週は、ゲームの実用性に欠ける部分を再考する必要があるのではないかと生徒たちと話し合い、デザインから得られたフィードバックをもとにアイデアを出し合いました。生徒たちがフィードバックを理解し、コンピュータを使用できるデザイン要素を示した後は、グループに分かれて最終的な企画書の作成に取り組みました。この週、生徒たちは自分たちのデザインと計画に真剣に取り組み、仲間や先生とコミュニケーションを取りながら、自分たちが作りたいものを正確に作り上げる必要がありました。生徒たちはグループでの作業がとても上手で、プロジェクトの時間中、見事にコミュニケーションをとっていました。1つのグループはゲーム制作の開始を承認され、いくつかのグループはゲームの特定の要素についてもっと考える必要がありますが、どのグループも大きく前進しました。発表会では、各グループが自分たちの作品を発表し、デザインやルールの面で他の学生から多くのコメントが寄せられました。全体的には素晴らしい出来でした。
 
Week 4
I explained to students at the start of project time why some people are starting making their game this week and others are having to re draft their ideas. Some students have not planned their game mechanics to a point where they can start making their game so two groups needed to focus on this. The other groups started to make their game using various materials and working with the computer as well on design elements such as game box sizes and printing and designing additional materials such as money. Groups that needed to make more progress in thinking about their game managed to just start making their game by the end of the lesson having been guided in areas they needed to improve.
プロジェクトタイムの最初に、今週ゲーム制作を始める人と、アイデアを練り直さなければならない人がいる理由を説明しました。ゲームの仕組みを作り始められる段階まで計画していない生徒がいたので、2つのグループはこの点に集中する必要がありました。他のグループは、様々な素材を使ってゲームを作り始め、コンピュータを使って、ゲームボックスのサイズや印刷、お金などの追加素材のデザインなど、デザイン要素にも取り組みました。自分たちのゲームについてもっと考える必要があるグループは、改善すべき点を指導してもらったことで、レッスンの終わりにはゲーム作りを始めることができました。
 


Week 5
This week students were given a little guidance at the start of the lesson for ways they could improve their games and we given the challenge to complete as much as they could focusing on their board. Students worked really well and made so much progress on their games. Students, in consultation with teachers, are starting the grasp the need for reason behind some of their ideas. Students tend to jump into things like points with no real understanding of the game mechanics behind them or gravitate towards big numbers. With some guidance students have made their game ideas more realistic and although there is still some work to do are on track to make realistic and playable games. For presentation students presented very well with no problems which was a big improvement.
今週の生徒たちは、レッスンの最初にゲームを改善するためのガイダンスを受け、ボードに集中してできるだけ多くのゲームを完成させるという課題を与えられました。生徒たちはとてもよく働き、自分のゲームをとても進歩させました。生徒たちは、教師と相談しながら、自分のアイデアの背景にある理由の必要性を理解し始めています。生徒たちは、ゲームの仕組みを理解せずにポイントのようなものに飛びついたり、大きな数字に惹かれたりする傾向があります。アドバイスを受けた生徒たちは、ゲームのアイデアをより現実的なものにし、まだまだ課題はありますが、現実的でプレイ可能なゲームを作ることができるようになりました。プレゼンテーションでは、学生たちは何の問題もなく上手に発表しており、これは大きな進歩です。
 
Week 6
Students progressed with making their games. Some students started to make instructions for their games and boxes. Students worked very well and make lots of progress.
ゲームの制作がとても進みました。何人かの生徒は、ゲームや箱の説明書を作り始めました。生徒たちはとてもよく働き、たくさんの進歩を遂げました。
 
Week 7, 8
Students made a lot of progress finishing their games. Two teams have finished and the other teams are really close to finish. Any remaining work they can finish in learning centers next week.
生徒たちはゲームを仕上げるために多くの進歩を遂げました。2つのチームが終了し、他のチームは本当に終わりに近づいています。残った仕事は来週のラーニングセンターで仕上げます。
 
 

最終プレゼンテーションでは、レッスンで参考にした自分たちが好きなゲームについて話したり、ルールについて振り返ったりしたあと、
グループごとに製作したゲームを発表しました。

遊び方やゴールの仕方などルール説明や、製作中に難しかったこと、もしもっと時間があれば改良したいところなど、丁寧に説明することができていました。
事前に発表する内容を考え紙に書いているグループもありましたが、
それよりもゲーム製作中のことを思い出し、自分の言葉でそのまま発表する方がとても上手に説明できていて、
パブリック・スピーキングのスキルも成長している様子が見られました。

次回のジョブトレーニングは、「Podcast」に挑戦します。
どんなことについて話し、録音して作品にしていくのかとても楽しみです。
CGKアフタースクール
 

一覧へ戻る

PAGE TOP