HOME > 保育理念 心の成長

保育理念 心の成長

グローバル教育と心身の健やかな成長を支える保育

英語教育だけを行うプリスクールではなく、保育と教育を行う当幼児園では、保育は、「グローバル教育」にも「心身の健やかな成長」にも欠かすことのできない、とても大切なものです。

ネイティブ外国人講師と「子どもたちの成長段階を熟知」したバイリンガル日本人保育士が、協力し連携しながら子どもたちと接することにより、子どもたちは、集団生活における協調性や思いやりも学び、人としての「心の成長」を遂げています。

自由で放任的な保育ではなく、日本的な保育をしっかりと行いながら、子どもたちの個性も尊重した保育を行っています。

共生の心

子ども一人ひとりとの関わりを大切にし、共生の心を育んでいます。
子どもたちの小さな変化にも目をやり、子どもたちの成長を助け、時にはそっと見守ることで、のびのびと健やかに育てていきます。

思いやる心

様々な経験や新しい発見から豊かな感性を育んでいます。
園での生活、お友だちとの関わり合いから、子どもたちの協調性、社会性を育み、思いやりの心を育てています。

挑戦する心

子どもたちの限りない可能性を肯定し、好奇心を育て、新しいものへ挑戦する心を育んでいます。
未来に希望を持ち、前へ向かうたくましい子どもたちを育てています。


グローバル保育

日本の保育

CGKにおけるグローバル教育やグローバル保育の考え方は、海外のやり方をそのまま行うということではなく、海外と日本の教育と保育、それぞれの良いところを取り入れています。
結果、保育においては、集団生活における協調性や思いやりを重んじ、今後の社会における人間関係の構築の基礎となるべき人間性・人間力を育みます。

日本の保育園や幼稚園で学ぶ、協調性、思いやり、しつけ、マナー、礼儀、童謡、製作、楽器、季節行事などもしっかりと行い、インターナショナルスクール、日本の公立や私立小学校でも問題なく対応できるようにしています。

保育と教育の両立カリキュラム

保育士資格を保有しているバイリンガル日本人保育士とネイティブ英語講師が互いにコミュニケーションを取り、外国人講師も保育に積極的に関わることで、保育においても英語環境が保たれています。

「日本人保育士=保育」「ネイティブ英語講師=英語レッスン」と分けているのではなく、お互いに保育目標や各園児の個性・特徴も共有しながら、保育にあたっています。
レッスンの中での、例えば「順番待ち」「お友達や先生の話を静かに聞く」「譲り合い」といった保育の要素は、普段のレッスンにも密接に関係しますし、効果的な保育にはネイティブ英語講師含めた意識の共有が不可欠だからです。

園児の成長段階に応じ、年間を通しての保育目標を定めると共に、各クラスの課題や目標を月ごとに見直しています。それにより、英語レッスンの中でも保育テーマは積極的に取り入れられ、通常レッスンに取り入れるだけでなく、保育に関わりの深い「Life Skills」のレッスンも行っています。

国際的で多様な環境で、子供同士が対等かつ英語で生活する環境

CGKでは、英語と日本語のバイリンガル教育を行っているため、多国籍な方に利用いただいており、言語、生活習慣、人間性など、とても多様な環境となっています。

そのような環境だからこそ、個々の園児にあった保育が必要とされる一方で、子どもたち同士も日々の関わり合いの中で様々な気づきや経験をしています。

家庭とはまた違う世界・社会においての集団生活で、子どもたちは大きく成長します。

PAGE TOP