HOME > 教育理念 本物のグローバルキッズ > 異文化・日本文化学習

教育理念 本物のグローバルキッズ

異文化・日本文化学習

多様な価値観を学び、寛容な心を

世界で起きている様々な問題、テロや紛争、そして偏見や差別、そういったものは、「無理解」が引き起こしているケースが非常に多くあります。

「自分とは違うものを知る」ことにより、何かを排除したり遠ざけることなく、寛容・受け入れの姿勢を取れるようになりますが、これは「多様性への寛容力」の一例です。異文化学習で世界のことを知ることは、このように視野を大きく持ち、思いやりの心を持つことに繋がります。

異文化学習で様々な文化や慣習に触れ、国際的視野を持つ一方、日本文化学習も行います。日本人としてのアイデンティティも持ち、本当の国際人としての一歩を踏み出します。


楽しみながら学ぶ、世界の文化学習

ハロウィン、サンクスギビングデー、中国春節など、海外の祝日やイベントは、その国の文化や歴史と大きな関わりがあります。

CGKでは、興味や知的探究心、そして多様性への寛容力を育むため、多様な国の文化に触れますが、その切り口は様々です。子どもたちが楽しみながら自然と学べるよう、時には、海外のイベント体験という形を取り、子ども達主体の活動を行っています。


日本の心を知る、日本文化学習プログラム

世界で活躍する「グローバルキッズ」には、世界に目を向けるだけでなく、自国のルーツも知り、自身のアイデンティティを大事にすることが求められます。

それは、多様な世界で活躍するために、その世界への適応力だけが必要なのではなく、自身の育ちや経験から生まれた個性豊かな魅力ある人間であることが大事だということです。

CGKでは、日本的な協調性や、礼儀・作法・姿勢等も大事にしており、通常の日本の保育園で学ぶことや体験することも大事に行っています。

日本文化学習

CGKの「カリキュラム」はコチラ


教育理念 本物のグローバルキッズ
保育理念 心の成長

PAGE TOP