ブログ

プリスクールとインターナショナルスクールの違い

幼児英語教育市場は堅調に成長し続けている市場で、少子化という流れはあるものの、今後、日本が世界で生き抜く際に必要不可欠な教育のため、今後も伸び続ける市場だということが予想されます。

【参考記事】幼児英語教育はやるべきか?6つのメリットと4つのデメリット

さて、未就学児の段階から始める幼児英語教育には、習い事以外に、プリスクールインターナショナルスクールなど、色々なものがあります。
 

しかし、その分類や呼び方に関しては、混同されているケースもあるため、1つずつ見ていきたいと思います。



 

プリスクールとは

プリスクールという言葉は、最近ではよく聞かれるようになってきたのですが、お子さまのいらっしゃらない方や教育関係者以外の方には、まだまだ馴染みのない言葉です。


プリスクールは、英語の"preschool"のことです。「幼稚園」「保育園」を指す言葉ですが、英英辞典で調べてみると

preschool

a school for children between the ages of about two and five

Oxford Advanced Learner's Dictionary

とあり、およそ2歳頃から5歳までの学校のこと(ちなみに、Wikipediaでは3歳から5歳)です。要するに、ただの一般的な保育園や幼稚園を指すわけですが、これが国や地域によってさらに細かい違いがあります。


 

アメリカでのプリスクール

アメリカでは、ほとんどの州において、小学校の前の5歳か6歳からの1年間が"Kindergarten"です。


その前が、"Pre-kinder""Preschool"となります。


下表が分かりやすいです("Nursery Schools"とありますが、実際は"Preschools"です)


527px-Education_in_the_United_States.svg



 

日本でのプリスクール

一方、日本で「プリスクール」というと、主に英語で保育を行う施設のことを指します。


習い事の英語とは違い、日常生活のあらゆる場面を英語で行うことで、リアルな英語を習得できます。

早期英語教育英語イマージョン教育の両方を取り入れる一方、「セミリンガル(ダブルリミテッド)」という問題(日本語能力の成長が遅れ、将来的にも論理的に物事を考えられなくなる)もつきまとうのですが、実際のところは、ご家庭でも日本語でしっかりと話しかけることを意識していれば、まずそういった問題はありません。


プリスクールでは、例えば週2日だけ14時まで預かるところもあれば、週5日17時(延長保育を含めれば更に)まで預かるところなど、様々です。

特に、夕方までフルで預かるところでは、英語だけでなく日本語教育も行っているところが珍しくありません。

それは、セミリンガル対策という側面もありますが、それ以外にも、日本語教育(というよりも、日本語を使用しての教育)には非常に良い点があります。

英語を通して、外国の慣習や常識、文化を学ぶだけではなく、日本語を通して、日本の慣習、習慣、文化、しつけ、礼儀、マナー、ルールや協調性などを学び、語学だけではなく、人としての成長もありますし、小学校入学時の適応もスムーズに行うことができるという利点もあります。



 

プリスクール/プレスクール/プレといった呼び方

プリスクールが英語の"preschool"であることは前述の通りですが、"preschool"を英語で発音すれば、どちらかと言えば「プリスクール」で、ローマ字読みですと「プレスクール」に近く、結局どちらも同じものを指しています。


ちなみに、「プレスクール」よりも「プリスクール」の方が一般的です。
 

  • プリスクール・・・Google件数:3,630,000件/Google月間検索数:2,400件
  • プレスクール・・・Google件数:3,510,000件/Google月間検索数:1,000件

ちなみに、「プレ」と呼ぶ方もいらっしゃいますが、これは単純に「プレスクール」を縮めていったものです。



 

インターナショナルスクールとは/インターとは

「インターナショナルスクール」というのは、昔から馴染みのある言葉だと思います。


以前のイメージとしては、
 

  • 帰国子女の日本人、海外から日本へ転勤してきた外国人が入る学校
  • 英語を母国語の人が対象なので、英語で授業を行い、日本語クラスは無いか、少ない。

といったところです。


今では、
 

  • 有名人が入っている(宇多田ヒカルなど、インターナショナルスクール出身の人の活躍を目にする機会が増えました)
  • バイリンガルの子どもを育てたいがために、帰国子女でも外国人でも無いのに、日本生まれ日本育ちの子どもを入れている。

インターナショナルスクールというのは、小学校や中学校なども含まれるのですが、ここでは、就学前のインターナショナルスクールのこととします。


実際、プリスクールとインターナショナルスクールは、システムや教育内容に違いがあるわけではありません。

では、一体何が違うのでしょうか。


「インター」は単純に、「インターナショナルスクール」を縮めて呼んだものです。「プレ」もそうですが、いかにも日本人らしい省略の仕方ですね。



 

プリスクールとインターナショナルスクールの違いは?

この2つの違いは、それぞれが生まれた背景を考えるとわかります。


 

インターナショナルスクール

・インターナショナルスクールの歴史は古い
・「英語を学習し習得を目的の子どもを受け入れる」というよりは、「英語を母国語とする子どもの受け皿」となる場所
・よって、本来は、英語を学習し習得するための機関ではなく、母国語である英語で授業を行うところ
・幼少期を海外で暮らし日本語と日本の文化や慣習に慣れていない子ども、そして外国人の子どもにとっては、大きなストレスを感じることなく、学校生活(園生活)を送れる場所
・親に英語力を求めるところもある(手続き、書類等が英語のため)

 

プリスクール

・プリスクールの歴史は浅い。せいぜい10年程度
・英語を母国語としない、主に日本人を対象にしており、日本人が英語を習得するための環境や教育を与えているところ
・需要が高く、スクールの数が非常に増えている

 

まとめ

このように、両者には明確な違い(外国人・帰国子女向け or 日本人向け)があるのですが、後者の日本人向けのプリスクールにおいても、「インターナショナルスクール」と謳う園は非常に多く、最近においては、違いはほぼなくなっています。



 

インターナショナルプリスクールとは

厄介なのがこれです。


「プリスクールなの?それともインターナショナルスクール?」


インターナショナルプリスクールの名称を使っているスクールも多くありますが、「プリスクール」のところも「インターナショナルスクール」のところも両方のケースで「インターナショナルプリスクール」と名乗っているスクールがあります。


ただ、「インターナショナルスクール」は小学校や中学校も含めますので、それを含まないよう区別する意味合いで、「インターナショナルプリスクール」と言っているところも多いようです。



 

プリスクール(インターナショナルスクール/インターナショナルプリスクール)に子どもを通わせている有名人

ご興味のある方は、下記リンクよりどうぞ!
 

梨花の息子の幼稚園って?芸能人が子供に通わせる幼稚園の傾向まとめ!

木下優樹菜の娘が通い始めたインターナショナル・プリスクールって?



 

まとめ

今や、プリスクールもインターナショナルスクールも名前だけでは区別がつかなくなっていますので、大事なのは、ホームページを見るなり、実際に園に足を運んで園活動の様子を見たり聞いたりして、よく園のことを知ることです。


英語教育を行う保育園や幼稚園は年々増えていますが、どこまで力を入れているか、どこまでしっかりとしたカリキュラムなのか、というところは、慎重に検討する必要がありそうです。


今後もますます多様化する教育業界ですが、お子さまにとって最良の選択をしてあげるための参考となれば幸いです。





バイリンガル幼児園コスモグローバルキッズ横浜馬車道

2016年4月開園。保育園と幼稚園の幼保一体型インターナショナル・プリスクール。

馬車道・桜木町・関内に囲まれた位置にあり、みなとみらいを始めとし、横浜市の色々な地域(中区・西区・神奈川区・保土ヶ谷区・南区・磯子区・港北区・港南区・鶴見区・戸塚区・泉区)と川崎市の方にご利用頂いており、園児の国籍(親の出身)も、アメリカ、インド、韓国、台湾、中国、ドイツ、日本、香港(五十音順)など様々です。

<募集>
2019年度途中入園:4歳児

<見学説明会(平日)>
毎週水曜日 9:45-10:45
※行わない週もございます。

<説明会(週末)>
2019年10月27日(日) 14:00~15:30
2019年度の「3歳児~5歳児クラス」2020年度の「3歳児クラス」を募集致します。

<週末親子体験イベント>
2019年9月8日(日)14:30-15:30

見学説明会・・・平日開催。実際のクラスをご見学いただけます。当園からの説明だけでなく、質問にも対応いたしますので、気軽にご質問下さい。週末説明会と同様の資料をお配りします。
説明会・・・週末開催。資料や動画を元に当園の説明を行います。
週末親子体験イベント・・・対象年齢(基本1歳児から参加可ですがイベントによって異なります)のお子様であれば、入園希望かどうかに関わらず参加可能で、簡単な英語活動やワークショップ等を行います。

お申込みはこちら

過去の記事

全て見る