ブログ

アートレッスン紹介/Art Lesson for Project Work

CGKアフタースクールでのレッスンについて紹介いたします。

CGKの2ヶ月間に渡って行うプロジェクト活動では、メインとなる「ドライビングクエスチョン」に基づいて学んでいきます。
今回の「アート」レッスンでのドライビングクエスチョンはこちらです。

“How can we build a sustainable animal habitat?”
サスティナブルな動物の家は、どのように作ることができるでしょうか?

レッスンテーマは「動物の家」です。
このテーマと問いに沿って、毎週子どもたちの興味を引き出す楽しいレッスンを行いました。
担当していたKitty先生のコメントに訳をつけてご紹介します。


 
Week 1
The students were introduced to the project of Animal Habitats by showing them different habitats across the world and some examples of what animals live there. The students were able to make observations of what they saw in the habitats, think of animals they thought lived there and answer whether they would like to visit the habitats. We watched some short videos from Planet Earth, where they could see amazing footage of environments with different climates, and Our Planet, which showed animals in their natural habitat, and the children enjoyed being able to identify the habitats after we’d discussed them. The class then played a game where they were divided into two teams and each team had been given three different habitats and a group of animals. They had to communicate within their teams to decide where they thought the animals lived, then they swapped habitats and tried to match the animals with the other three habitats. They then tried to work together as a whole team to match the animals and habitats in 30 seconds, otherwise the teachers would win. They had a lot of fun trying to match everything and when revealing which matches were incorrect, they were able to think together and discuss where they thought the correct habitat was. The students then completed a worksheet for an animal of their choice, where they needed to draw the animal, its habitats and think of answers to the questions: where does it eat? Where does it drink water? Where does it sleep? And any other information they wanted to share.    
1週目
生徒たちに、世界中のさまざまな生息地と、そこにどんな動物が住んでいるかの例を示して、動物の生息地というプロジェクトを紹介しました。生徒たちは生息地で見たものを観察し、そこに住んでいると思われる動物を考え、その生息地に行ってみたいかどうかを答えることができました。また、「プラネットアース」では気候の異なる環境の素晴らしい映像を、「アワープラネット」では動物の生息地の映像を見て、子どもたちは生息地について話した後、その生息地を特定することを楽しみました。その後、2つのチームに分かれてゲームをしました。各チームには3つの異なる生息地と動物のグループが与えられました。チーム内でコミュニケーションをとりながら、動物が住んでいると思われる場所を決め、生息地を入れ替え、他の3つの生息地と動物を組み合わせました。そして、チーム全体で協力して、30秒以内に動物と生息地を一致させなければ、先生の勝ちになってしまうというゲームです。生徒たちは、どの動物の生息地が間違っていたかを明らかにし、正しい生息地はどこだと思うかを話し合うことができ、とても楽しんでいました。その後、生徒たちは自分が選んだ動物のワークシートを完成させました。ワークシートには、動物とその生息地を描き、どこで水を飲むのか?どこで食べるのか?どこで水を飲むのか?どこで寝るのか?といった質問に答え、また、その他にも自分が伝えたいと思う情報を書き込んでいきました。
 


Week 2
The students were told how the aim of this project is to build a habitat for an animal and shown examples of different styles in which they could produce their habitat. We discussed what they could see in the examples; thinking about the animals, plants, colors, materials which were used, what they liked etc. They seemed to like the habitats which looked realistic and used authentic materials, such as sticks, rocks or leaves. Once the students were familiar with the habitats again, they started to brainstorm animals which they are interested in and began to work in their workbooks. They narrowed down their ideas and focused on one animal which they will research, thought of questions they want to know about their chosen animal and any facts they already know. As a class they shared their animals and friends were able to feedback any additional information they knew.
2週目
このプロジェクトの目的は、動物のための生息地を作ること、と生徒たちへ説明し、その参考となるように、さまざまなスタイルの生息地の例を見せました。動物、植物、色、使用されている素材、好みなどを考えながら、例を見て何を感じたかを話し合いました。生徒たちは、棒や石、葉っぱなどの本物の素材を使った本物そっくりの生息地が気に入ったようでした。生息地について詳しくなってきたところで、生徒たちは興味のある動物のブレインストーミングを始め、ワークブックに向かって作業を始めました。アイデアを絞り込み、調べたい動物を1つに絞って、その動物について知りたいことや、すでに知っている事実を考えました。クラスで自分の動物を発表し、友達が知っている追加情報をフィードバックすることができました。
 
Week 3
As a group we briefly talked about the animal chosen in week 2 and what habitats they belong to, and then formed the working groups based on the habitats. Two groups were researching and working on the Arctic, one group chose the Forest and one group chose the Wetland. Each student had an information pack about their animal and were reading through it to pick out key points and interesting information, such as size, weight, lifespan, prey/predators. Once they had written down the information they had learnt, they started to make a group poster for their habitat and animals. These posters were presented to the class and students were able to ask questions and give feedback.
3週目
第2週に選んだ動物がどのような生息地に属しているかをグループで簡潔に話し、その後、生息地に基づいて作業グループを作りました。2つのグループは「北極」、1つのグループは「森林」、1つのグループは「湿地」について調べ、作業をしていました。生徒はそれぞれ自分が担当する動物の情報集を持っているのでそれに目を通し、動物のサイズ、体重、寿命、獲物と捕食者など、重要なポイントや興味深い情報をピックアップしていました。学んだ情報を書き出すと、自分の生息地や動物についてのグループポスターを作り始めました。これらのポスターはクラスで発表され、生徒たちは質問やフィードバックをすることができました。


 
Week 4
The students were introduced to food chains and how they are important for animals to be able to survive in their habitats. They thought about the food chain of their animal and created flow charts showing the cycle of what is the prey and what is the predator. Once they understood the food chains they were able to start thinking about the design of the habitats within their groups, thinking about materials they need and what they will make. These designs were presented to the class and friends were able to ask questions and make suggestions of improvement.    
4週目
生徒たちは、食物連鎖についての説明を受け、動物が生息地で生きていくために食物連鎖がいかに重要であるかを学びました。そして、自分たちの選んだ動物の食物連鎖について考え、何が獲物で何が捕食者かというサイクルを示すフローチャートを作成しました。食物連鎖を理解した後は、グループ内で生息地のデザインについて考え始め、必要な材料や作るものについて考えました。これらのデザインはクラスで発表され、友達は質問したり、改善点を提案したりすることができました。  
 
Week 5
The students started working on their habitats. Everyone was thinking about the landscape and what colors are seen in the habitat really well. Different materials were used in creative ways and a lot of progress was made by all four groups. When it came to presentation time, all four groups explained what they had made and why, and their friends asked well thought-out questions/advice.
5週目
生徒たちは、自分たちの生息地の製作に取り組み始めました。風景や、生息地で見られる色について、皆んな実によく考えていました。さまざまな材料が創造的な方法で使用され、4つのグループすべてで多くの進歩が見られました。発表の時間になると、4つのグループすべてが、自分たちが何を作ったのか、なぜ作ったのかを説明し、友達からはよく考えられた質問やアドバイスがありました。
 


Week 6
The students finished working on their habitats, making sure they had the animals which they had chosen, thought about the food and water resources for the animals to be able to survive, and an area where the animals would be able to sleep/stay safe. Once the students were finished working on the habitats, they began to think about what they wanted to say and show to the parents during the final presentation.
6週目
生徒たちは、自分たちが選んだ動物がいることを確認し、その動物が生きていくための食料や水の資源、安心して眠れる場所などを考え、生息地を作り終えました。その後、生徒たちは最終発表会で保護者に伝えたいこと、見せたいものを考え始めました。
 
Week 8
The students practiced talking in their groups about their habitat and what information they wanted to share in the presentation. They also practiced talking about their habitat with the camera, making sure they block the camera and remembered to face the audience for the final presentation.
8週目
生徒たちはグループ内で、自分たちの生息地についてや、プレゼンテーションで伝えたい情報について話す練習をしました。また、カメラを使って自分たちの生息地について話す練習もしましたが、カメラを遮ることや、最終的には観客の方を向いて話すことを忘れないようにしました。
 


最終プレゼンテーションでは、自分たちが製作した動物の家だけでなく、さまざまな生息地について学んだことも振り返りました。
子どもたちがどのように2ヶ月間かけてプロジェクトに取り組んできたのか発表することができ、
発表を終えた子どもたちはほっとした様子とともに、達成感を感じている様子もありました。

子どもたちの成長を感じることができ、次回のレッスンも更に楽しみになりました。
CGKアフタースクール

過去の記事

全て見る