HOME > CGKについて

CGKについて

保育園と幼稚園の幼保一体型
インターナショナル・プリスクール

幼児期からの「保育」と「グローバル教育」を通して、子どもたちの心身の成長と限りない
無限の可能性を広げるプリスクール・コスモグローバルキッズ(CGK)の保育・教育プログラム。

子どもの成長を保育(保育園)と教育(幼稚園)の両面から考える
「幼児園」のCGKだからこそできることがあります。

自身のルーツも大事にしつつ、新しい世界への興味・好奇心を刺激し、
自らが考えリーダーとなれる「本物のグローバルキッズ」をここ横浜で育てます。

幼児園保育教育


教育理念 本物のグローバルキッズ

「グローバル」=「語学(英語)」ではなく
「本物のグローバルキッズを育てる」ためのプログラムを提供

多種多様な価値観を創造し、育む教育プログラム。
今後のグローバル社会において、幸せで豊かな人生を送るためには、幼児期の早期英語教育を始めとしたグローバル教育が欠かせません。
日本的な教育では育つことの難しい自主性や主体性、そして日本的な教育だからこそ育つ協調性や社会性も、すべてがグローバル教育の一環です。

バイリンガル教育」「異文化・日本文化学習」「アクティブ・ラーニング」の3つのプログラムを軸に、それらを養い、子どもたちの能力や個性を引き出すことにより将来の可能性を広げ、さらに、「ダイバーシティ(多様性)への寛容力」を持つことで、本当の意味での『国際人』を育てます。

バイリンガル教育

プリスクールの特徴である早期英語教育の英語イマージョン教育を行い、「思考力」を伸ばす日本語知育教育と連動性を持たせた、バイリンガル教育を行っています。一般的に日本人が英語習得に必要な学習時間2000~4000時間ですが、それを超える5000時間以上(4年間)を英語で過ごします。

詳しくはコチラ

異文化・日本文化学習

毎月、世界各国をテーマとし、文化・慣習・イベント・食事等について、様々な国のことを楽しく学びます。小さな世界の常識ではなく、広くて多様な世界への入り口として、ダイバーシティ(多様性)教育を行い、また、モラル教育(道徳教育)の効果とも相まって、多様性への寛容力および思いやりの心を育てます。

詳しくはコチラ

アクティブ・ラ―ニング

日本的な受け身型学習ではなく、インタラクティブな活動を通し、子どもたちの自由な発想や表現、行動を尊重します。子どもたちの成長、可能性を限定せず、自主性・主体性・創造性・表現力を伸ばし、自らで未来を切り拓く能力を育てます。

詳しくはコチラ


保育理念 心の成長

グローバル教育と心身の健やかな成長を支える保育

英語教育だけを行うプリスクールではなく、保育と教育を行う当幼児園では、保育は、「グローバル教育」にも「心身の健やかな成長」にも欠かすことのできない、とても大切なものです。

ネイティブ外国人講師と「子どもたちの成長段階を熟知」したバイリンガル日本人保育士が、協力し連携しながら子どもたちと接することにより、子どもたちは、集団生活における協調性や思いやりも学び、人としての「心の成長」を遂げています。

自由で放任的な保育ではなく、日本的な保育をしっかりと行いながら、子どもたちの個性も尊重した保育を行っています。

共生の心

子ども一人ひとりとの関わりを大切にし、共生の心を育んでいます。
子どもたちの小さな変化にも目をやり、子どもたちの成長を助け、時にはそっと見守ることで、のびのびと健やかに育てています。

思いやる心

様々な経験や新しい発見から豊かな感性を育んでいます。
園での生活、お友だちとの関わり合いから、子どもたちの協調性、社会性を育み、思いやりの心を育てています。

挑戦する心

子どもたちの限りない可能性を肯定し、好奇心を育て、新しいものへ挑戦する心を育んでいます。
未来に希望を持ち、前へ向かうたくましい子どもたちを育てています。


グローバル保育

日本の保育

CGKにおけるグローバル教育やグローバル保育の考え方は、海外のやり方をそのまま行うということではなく、海外と日本の教育と保育、それぞれの良いところを取り入れています。
結果、保育においては、集団生活における協調性や思いやりを重んじ、今後の社会における人間関係の構築の基礎となるべき人間性・人間力を育みます。

日本の保育園や幼稚園で学ぶ、協調性、思いやり、しつけ、マナー、礼儀、童謡、製作、楽器、季節行事などもしっかりと行い、インターナショナルスクール、日本の公立や私立小学校でも問題なく対応できるようにしています。

保育と教育の両立カリキュラム

保育士資格を保有しているバイリンガル日本人保育士とネイティブ英語講師が互いにコミュニケーションを取り、外国人講師も保育に積極的に関わることで、保育においても英語環境が保たれています。

「日本人保育士=保育」「ネイティブ英語講師=英語レッスン」と分けているのではなく、お互いに保育目標や各園児の個性・特徴も共有しながら、保育にあたっています。
レッスンの中での、例えば「順番待ち」「お友達や先生の話を静かに聞く」「譲り合い」といった保育の要素は、普段のレッスンにも密接に関係しますし、効果的な保育にはネイティブ英語講師含めた意識の共有が不可欠だからです。

園児の成長段階に応じ、年間を通しての保育目標を定めると共に、各クラスの課題や目標を月ごとに見直しています。それにより、英語レッスンの中でも保育テーマは積極的に取り入れられ、通常レッスンに取り入れるだけでなく、保育に関わりの深い「Life Skills」のレッスンも行っています。

国際的で多様な環境で、子供同士が対等かつ英語で生活する環境

CGKでは、英語と日本語のバイリンガル教育を行っているため、多国籍な方に利用いただいており、言語、生活習慣、人間性など、とても多様な環境となっています。

そのような環境だからこそ、個々の園児にあった保育が必要とされる一方で、子どもたち同士も日々の関わり合いの中で様々な気づきや経験をしています。

家庭とはまた違う世界・社会においての集団生活で、子どもたちは大きく成長します。



園概要

名称 バイリンガル幼児園Cosmo Global Kids横浜馬車道
(コスモグローバルキッズ)
施設種類 認可外保育所
(「認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書」3年連続交付済み。毎年の立ち入り調査では、施設安全基準、防災・防火・避難訓練、健康・衛生管理から有資格者の配置、指導計画、保育記録等、多岐に渡るチェックが行われております。)
所在地 神奈川県横浜市中区太田町6-75 関内北原不動産ビル2階
定員 3歳児約24名、4歳児約25名、5歳児約25名
※4月1日時点での年齢
※定員人数は若干変更となる可能性がございます。
開園曜日 月曜日~金曜日
開園時間 7:30~19:00 (基本保育時間8:30~17:00)
休園日 土・日・祝日・G.W.(1週間)
お盆休み(8月1週間)・年末年始(1週間)・3月末2日間
園児の国籍
(もしくは親の出身国)
アメリカ、インド、韓国、台湾、中国、ドイツ、日本、香港
※五十音順
保育の種類 月極保育・延長保育
アクセス みなとみらい線「馬車道駅」より徒歩2分(東急東横線・副都心線乗り入れ)
JR京浜東北・根岸線、市営地下鉄ブルーライン
「桜木町駅」「関内駅」よりそれぞれ徒歩5分
その他 制服、給食、バス送迎

アクセス

みなとみらい線「馬車道駅」より徒歩2分(東急東横線・副都心線乗り入れ)
JR京浜東北・根岸線、市営地下鉄ブルーライン「桜木町駅」「関内駅」よりそれぞれ徒歩5分

アクセスマップ

園バス送迎

朝と夕方の2回、バス送迎を行っています。

バス送迎

園バス2台。下記ルートは変更の可能性がございますのでご了承下さい。

対象エリア (最寄り駅) ※駅前に停車するとは限りません。

  • <JR>横浜、桜木町、関内、石川町、山手、根岸、磯子
  • <東急東横線~みなとみらい線>横浜、新高島、みなとみらい、馬車道、日本大通り、元町・中華街
  • <市営地下鉄ブルーライン>横浜、高島町、桜木町、関内、伊勢佐木長者町
  • <京急本線>神奈川、横浜、戸部
  • <相鉄本線>横浜、平沼橋、西横浜

※本牧エリアも対象。


CGKの成長

2016年度



4月 バイリンガル幼児園コスモグローバルキッズ横浜馬車道 開園
2歳児クラスのみ3名でのスタート。

7月 連絡帳アプリ導入
写真や動画の送信が可能になり、園での様子や家庭での様子のコミュニケーションがより円滑に。

9月 送迎バス追加
1台から計2台へ

1月 課外クラス 2クラス開講
ダンス / ピグマリオン幼児教室(プリスクールとして全国初)

3月 電子黒板導入
よりクオリティの高いレッスンを行う為の導入。今まで以上に、画像や動画、インターネットを駆使し、レッスンの幅が大きく広がりました。子どもたちがより興味を持ち楽しく学べるレッスンが展開されています。

2017年度



4月 2クラス(2歳児、3歳児)28名

4月 ピグマリオン幼児学育メソッド
通常保育にも導入

6月 食育年間プログラム開始
「食材の観察」「クッキングレッスン」「テーブルマナーレッスン」「収穫体験」「貸し切りフレンチレストラン体験」といった活動を年間を通して行い、翌年以降も、フレンチレストランのオーナーと共同で計画を立て、行っています。

7月 貸し切りプール スイミング指導開始
インストラクターによる指導。以後、毎月1回(夏季2回)実施(3歳児クラスより)し、水泳の基礎を学んでいます。

2018年度



4月 3クラス(2歳児、3歳児、4歳児)58名

4月 体育専門講師による体育指導開始(3歳児クラスより)
日本語で行いますが、体育専門講師がいない週は、ネイティブ講師が英語で行うことにより、英語での指示への対応を自然と学んでいます。

6月 英語プログラミングクラス開講(課外クラス)
ネイティブ講師による英語でのプログラミング指導。プログラミング言語を覚えることが目的ではなく、「論理的思考力」を伸ばすための教育プログラムです。

8月 英語図書制度開始
英語図書270冊(CD付き)の導入。ご家庭でも英語に触れる機会を作り、さらなる英語力の向上。貸し出しの絵本にはCDも付いているため、「読む」能力だけでなく、「聞く」能力も伸ばすことが可能。


PAGE TOP