ジョブトレーニングレッスン紹介/Job Training Lesson for Project Work

CGKアフタースクールでのレッスンについて紹介いたします。

CGKの2ヶ月間に渡って行うプロジェクト活動では、メインとなる「ドライビングクエスチョン」に基づいて学んでいきます。
今回の「ジョブトレーニング」レッスンでのドライビングクエスチョンはこちらです。

“How can we learn more about ourselves through our won family history?”
家族構成や家族の歴史を通してどのように自分たちのことについて深く学ぶことができるでしょうか?

この問いに沿って、毎週子どもたちの興味を引き出す楽しいレッスンを行いました。
担当していたDan先生、Heather先生のコメントに訳をつけてご紹介します。



Week One - Heather
We began by looking at the question “What is a historian?” Students brainstormed ideas about what it is by identifying that it was “like history”. They expanded by sharing their ideas that history is:
  • A story (true)
  • Something that we can find
  • Sometimes is scary (War)
  • Sometimes is not scary (The first Olympics)
  • Before now
Based on these things, they agreed on their definition that “History is something that we did.” They then looked more at the word “historian” and identified that “histor” is “history” and “ian” is something else. By discussing other examples like vegetarian and librarian they could understand that the “ian” is person or people. We discussed how people and history could be related and they came up with the definition that “A historian is someone who writes stories, knows history, and researches history.” To follow-up, they were posed with the question, “Does everyone have a history?” They decided after some discussion that everyone has a history, and the activity was introduced. They were asked to read about Conan and find information about his history. They worked in groups of three or four to read and write what they found.
私たちはまず、"ヒストリアンとは何か?"という問いを考えました。生徒たちは、「歴史のようなもの」と特定することで、それが何であるかについてのアイデアをブレーンストーミングしました。彼らは、歴史とは次のようなものであるという考えを共有することで広げていきました。
(1) 物語(真実)であること
(2) 見つけることができるもの
(3) ときには怖いもの(戦争)
(4)怖くないこともある(第一回オリンピック)
(5) 今より前
これらのことを踏まえて、生徒たちは "歴史は自分たちがやったことだ "という意味にたどり着きました。その後、"historian "という言葉を詳しく調べ、"histor "は「歴史」、"ian "は「他のもの」であることを確認しました。ベジタリアンやライブラリアンのような他の例を議論することで、「ian」が人や人々であることを理解することができました。人と歴史がどのように関連しているのかを議論し、「歴史家とは、物語を書き、歴史を知り、歴史を研究する人である」という定義を導き出しました。続いて、"誰にでも歴史があるのか?"という質問が出ました。議論の結果、誰にでも歴史があるということになり、アクティビティに取り掛かりました。コナンについての本を読み、コナンの歴史についての情報を探してもらいました。3、4人のグループに分かれて、見つけた情報を読み、書きました。
 


Week Two – Dan
Students brainstormed what History, Historical event, and Historian were and discussed examples of each. Students were presented with the sentence “If we don’t learn from our mistakes, we will make the same mistakes many times” as a way of explaining why history is so important. Students were then presented with five historical events: the moon landing, Martin Luther King’s civil rights speech, and the inventions of the ship, car, and plane. We discussed as a class why each of these historical events was important and we discussed at length the main idea behind Dr. King’s speech in kid friendly ways. Students were then spilt into pairs to discuss and rank the historical events in order of importance. The idea behind this activity was to show the children that historical interpretation is a matter of perspective and that what one person will see as the most important may not be so important to another person. Each pair presented their list and explained their reasons behind their thinking. Dr. King’s speech was almost unanimously ranked at number one, but all the others had so much variation that the students could see how important different perspectives and interpretations are in history. Students then had the chance to review their work from the previous week regarding the information extraction activity about Detective Conan.
Having explained that they were doing this for two reasons;
1. Because information extraction is a very important tool for a historian (looking at so many sentences and finding the key one or two words) and
2. Because this will be practice for when they need to interview their families in week 4 and extract the information at CGK.
Students were given the chance to redo the activity and had a lot of success with it. I was very impressed with their focus and teamwork today!
生徒たちは、History、Historical event、Historianとは何かをブレーンストーミングし、それぞれの例について話し合いました。生徒は、歴史がなぜ重要なのかを説明する方法として、「失敗から学ばなければ、同じ失敗を何度も繰り返すことになる」という文章を提示しました。続いて、月面着陸、キング牧師の公民権演説、船、車、飛行機の発明という5つの歴史的出来事が紹介されました。それぞれの歴史的出来事がなぜ重要なのかをクラスで話し合い、キング牧師の演説の主旨を子供にもわかりやすいように説明しました。その後、生徒たちはペアに分かれて話し合い、歴史上の出来事を重要な順にランク付けしました。この活動の背景には、歴史的解釈は視点の問題であり、ある人が最も重要だと考えることが、別の人にとってはそれほど重要ではないということを子どもたちに示すことがありました。それぞれのペアが自分のリストを発表し、その理由を説明しました。キング牧師の演説はほぼ満場一致で1位となりましたが、他の演説はどれもバリエーションに富んでおり、生徒たちは歴史において異なる視点や解釈がいかに重要であるかを知ることができました。続いて、前週に行った名探偵コナンの情報抽出アクティビティの復習を行いました。
1.情報抽出は歴史家にとって非常に重要なツールであること(たくさんの文章を見て、重要な1つか2つの単語を見つけること)
2.第4週に家族にインタビューして、CGKで情報を抽出するときの練習になるから
この活動はこれらの2つの理由で行ったと説明しました。
生徒たちには、このアクティビティをやり直す機会が与えられ、多くの成功を収めました。今日の彼らの集中力とチームワークにはとても感心しました!
 


Week 3 – Dan
Students were introduced to what a family tree is in preparation for making their own family tree. Students were shown different styles of family trees and they gave their ideas as to what a family tree is and what it could be used for. Looking at a slide show of Mr. Dan’s family tree, students were asked to guess what member of the family each picture belonged to and had a casual discussion about it. Students were then given help booklets that listed all the family roles in a family from brother to ancestor and described then. Using this information and working in two teams’ students took family role magnet cards and had to arrange them on the white board to form a big family tree. Students were not expected to come close to finishing this activity as it was incredibly hard and was more of a gate way activity. However, I was amazed at how well they worked together and how close they got to getting all of the correct positions. Students were then told that they were taking their interview packs home to interview their parents or grandparents. Mr. Dan explained what they needed to do and how the information would be used in project time. Finally, students were given student interview packs and clipboards so that they could practice interviewing with a partner. In presentation time, students who had made clothes in the fashion center earlier in the day were able to present them in a fashion show.
自分の家系図を作成するために、家系図とは何かを紹介しました。さまざまなスタイルの家系図を見せられ、生徒たちは家系図とは何か、何に使えるかについてアイデアを出し合いました。そして、兄弟から先祖までの家族の役割をすべて列挙し、その説明をしたヘルプブックレットが生徒に配られました。この情報をもとに、生徒たちは2チームに分かれて、家族の役割を示すマグネットカードを手に取り、ホワイトボードに並べて大きな家系図を作ることになった。生徒たちがとてもよく協力し、すべての正しい位置に近づけていることに驚きました。その後、生徒たちはインタビューパックを家に持ち帰り、両親や祖父母にインタビューしました。最後に、学生用のインタビューパックとクリップボードが渡され、パートナーを組んでインタビューの練習をしました。

Week 4 – Heather
We started the lesson by reviewing what a family tree is and then talking about an example.
Teacher’s example included new ideas related to transgender, half-siblings, adoption, and divorce as her family is a little complicated. Many of the students were able to ask follow-up questions related to how these concepts are applied to real people. By learning about these ideas, the children could broaden their understanding of how families differ.
After discussing teacher’s tree, the students were introduced to various designs of family trees and were asked to create their own based on the information that they had collected from their families in their packs.
The second-year students were able to demonstrate a lot of creativity and understanding related to the topic.
レッスンではまず、ファミリーツリーとは何かを確認した後、先生の例について話しました。
先生の例では、トランスジェンダー、異母兄妹、養子縁組、離婚など、家族構成が少し複雑なため、新しい概念が盛り込まれていました。生徒たちの多くは、これらの概念が実際の人々にどのように適用されるのかについての質問をすることができました。このような考え方を知ることで、子どもたちは家族の違いについて理解を深めることができました。
先生のツリーについて話し合った後、生徒たちは様々なデザインの家系図を見て、インタビューした資料の中の家族から集めた情報に基づいて自分の家系図を作りはじめました。
2年生は、このトピックに関連する創造性と理解力を大いに発揮することができました。



Week 5 – Heather
In preparation for creating a Venn diagram comparing then and now (the person that they interviewed and themselves), the students recorded information about themselves. They answered the same questions that they had asked their family members at home. Some of the children struggled with the language and many wanted to make sure that they had perfect spelling, so there were many questions about how to spell this and that. We hope to encourage the children to use more creative spelling in the future.
This activity will help them to extract and compare information between themselves and their family member next week.
当時と現在(インタビューした人と自分)を比較したベン図を作成するために、自分自身の情報を記録しました。生徒たちは家で家族に聞いたのと同じ質問に答えました。子どもたちの中には言語に苦手意識を持っている子もいて、完璧なスペリングを目指している子も多いので、これとこれのスペリングはどうするのかという質問がたくさん出ました。今後は、子どもたちがもっとクリエイティブなスペルを使えるようにしていきたいと思います。
このアクティビティは、来週、自分と家族の情報を抽出して比較するのに役立つでしょう。
 
Week 6 – Heather 
This week we started by talking about how presentations will be done and asked the children to think a bit about what they want to talk about for the presentation.
Afterwards, the children were introduced to the final part of the project – Comparing their lives with the lives of the people that they interviewed.
They then got started on making their own comparison posters. They were able to make a bit of progress, but will need to finish them next week.
At the end of the lesson, we started assigning some parts for presentations and some children volunteered to talk without a script.
今週は、まずプレゼンテーションがどのように行われるかについて話し、子どもたちにプレゼンテーションで何を話したいかについて少し考えてもらいました。
その後、プロジェクトの最後の部分である「自分の人生とインタビューした人の人生を比較する」ことを紹介しました。
その後、自分たちで比較ポスターを作る作業に入りました。少しは進展がありましたが、来週には完成させなければなりません。
レッスンの最後には、発表のためのパート分けを始め、何人かの子どもたちは台本なしで話すことに自ら挑戦することになりました。

Week 7 – Heather
This week the children focused on presentation practice and continuing their Venn diagrams.
Many of the children were able to pick out some interesting facts and differences between themselves and their family member. However, many struggled to identify the things that were the same.
Most of the children were able to complete or mostly complete their Venn diagrams.
今週の子どもたちは、プレゼンテーションの練習とベン図の作成に集中しました。
多くの子どもたちは、自分と家族の間にある興味深い事実や違いを見つけ出すことができました。しかし、多くの子供たちは、同じことを特定するのに苦労しました。
ほとんどの子どもたちは、ベン図をほとんど完成させることができていました。



Week 8 – Heather (Presentations)
Many of the children chose sections of the presentation to do without scripts. They looked at a PowerPoint for guidance or held items that they had worked on and then talked about the points that they felt were important.
On this day, two children provided videos that have been included in the PowerPoint instead of speaking during the presentation time.
Overall, the students did a great job with this presentation. Some are still working towards listening to their peers when they are talking, sitting nicely throughout the full presentation time, and speaking clearly. However, some of these aspects can be improved through practice.
子どもたちの多くは、台本無しでプレゼンテーションを行っていました。パワーポイントを参考にしたり、自分が取り組んだアイテムを手にしたりして、自分が重要だと思うポイントを話してくれました。
この日は、2人の子どもが、発表時間中に話す代わりに、パワーポイントに収録されている動画を提供してくれました。
今回の発表は、全体的にとてもよくできていたと思います。相手の話をよく聞くこと、発表時間中きちんと座っていること、はっきりと話すことなど、まだまだ課題はあります。しかし、これらのいくつかは、練習によって改善することができます。
 
  

ほとんどの生徒が台本を読まずに、自分の言葉で発表することができていました。
これはすごい成長であり、素晴らしいスキルです。CGKで大切にしている表現力が確実に身についてきています。
これからも発表することを楽しみながら挑戦していって欲しいです。
CGK Afterschool

一覧へ戻る

PAGE TOP