ジョブトレーニングレッスン紹介/Job Training Lesson for Project Work

CGKアフタースクールでのレッスンについて紹介いたします。

CGKの2ヶ月間に渡って行うプロジェクト活動では、メインとなる「ドライビングクエスチョン」に基づいて学んでいきます。
今回の「ジョブトレーニング」レッスンでのドライビングクエスチョンはこちらです。

“What is a podcast and how can we use it to teach others?”
ポッドキャストとは?また、ポッドキャストを使ってどのように人に教えることができるでしょうか?

この問いに沿って、毎週子どもたちの興味を引き出す楽しいレッスンを行いました。
担当していたDan先生のコメントに訳をつけてご紹介します。
 


Week 1
Students brainstormed ideas of what a podcast could be about after looking at some examples and discussing. Using clipboards students listened to the amazing kids podcast and took notes and answered questions. Students then went into four groups to discuss potential ideas for podcasts and presented to their peers. This week was very difficult as it was very heavy on the listening and podcasting is a very tough idea for them to grasp. Hopefully next week they can build more of an understanding about what it is they will be working on and the best way they can go about it.
1週目
生徒たちは、いくつかの例を見て議論した後、ポッドキャストの内容についてアイデアを出し合いました。クリップボードを使って、amazing kidsのポッドキャストを聞き、メモを取り、質問に答えました。その後、4つのグループに分かれて、ポッドキャストのアイデアを話し合い、発表しました。今週は、リスニングに重点を置いていたので、とても難しかったです。来週は、自分たちが取り組むべきことや、そのための最善の方法について、より理解を深めてくれることを期待したいです。
 
Week 2
Because the concept of a podcast was very difficult the previous week, I went back to the drawing board and introduced podcasting in a different way. First, we split a podcast into 8 sections that could be brainstormed easier. We talked about the difference between podcasting and radio. We then looked at various podcast logos and listened to the intros of various podcasts pausing them to talk about what the students heard. We then listened to a podcast that Mr Dan had made that had many examples of the sections students would needs to think about. Mr Dan`s podcast included interviews with Ms Saeda, Ms Kitty , and Mr Minoru, a proper introduction, discussion about slime with students, a music performance by a student, an interview with a student, a weather forecast, and it was full of silly things that the students really enjoyed listening to and discussing. Students then went to groups to work on their podcast planning booklet and discuss potential ideas for each section. The students did really well and by the end of the day had a much better understanding of what a podcast is and the direction they need to go.
2週目
前の週のポッドキャストのコンセプトが非常に難しかったようなので、初心に戻ってポッドキャストを別の方法で紹介しました。まず、ポッドキャストをブレインストーミングしやすいように8つのセクションに分け、ポッドキャスティングとラジオの違いを説明しました。そして、様々なポッドキャストのロゴを見て、様々なイントロを聞き、一時停止して、生徒が聞いたことについて話しました。次に、ダン先生が作ったポッドキャストを聞きました。このポッドキャストには、生徒が考える必要のあるセクションの例がたくさんありました。Dan先生のポッドキャストには、Saeda先生、Kitty先生、Minoru先生のインタビュー、適切な紹介文、生徒とスライムについての議論、生徒による音楽演奏、生徒へのインタビュー、天気予報などが含まれており、生徒たちが聞いて議論するのが楽しくなるような、たわいのない内容でした。その後、生徒たちはグループに分かれて、ポッドキャストの企画書を作成し、各セクションのアイデアの候補について話し合いました。生徒たちは本当によく頑張り、この日の終わりには、ポッドキャストとは何か、そして自分たちが進むべき方向性について、より深く理解することができました。
 
Week 3
Students discussed the pre-selected sections of the podcast and we brainstormed ideas that could be helpful for all groups. With the help of a student in front of all the students we recorded an interview podcast that they could listen back to and critique. Students where then put into teams of four to work on planning books for the section they were doing. One team was working on the intro, one on discussion and one on interview. For the remaining time students worked and talked together to come up with a framework they could use for their section. When completed students can use voice notes on the ipads to practice what they will say for the podcast so when they record the real thing they will have had a lot of opportunity to practice. Students presented their progress for peer review.
3週目
生徒たちは事前に選んだポッドキャストのセクションについて話し合い、全グループに役立つアイデアをブレインストーミングしました。生徒の一人に協力してもらい、他の皆んなの前でインタビューのポッドキャストを録音し、生徒がそれを聞いて批評できるようにしました。その後、生徒たちは4人ずつのチームに分かれて、自分たちが担当するセクションの企画本に取り組みました。1つのチームはイントロ、1つのチームはディスカッション、1つのチームはインタビューを担当しました。残りの時間は、自分のセクションで使用できるフレームワークを考えるために、生徒たちは一緒に作業したり話したりしました。完成した生徒たちは、ipadのボイスノートを使って、ポッドキャストで話す内容を練習することができ、本番のレコーディングでは、たくさんの練習をすることができました。生徒たちは、自分の進捗状況を発表し、相互評価を受けました。


 
Week 4
Students finished planning their sections in groups and started using the ipads to practice what they will be talking about. Teachers made sure students were aware of the emphasis on follow up questions. Students spent the whole project time talking with each other and practicing and made a lot of progress. Hopefully at least two groups will be able to record the master copies of their section next week and chose another section to move onto. For presentation they shared their work up until now for peer review.
4週目
生徒たちはグループでセクションの計画作りを終え、ipadを使って話す内容の練習を始めました。先生たちは、フォローアップの質問を重視することを生徒に意識させました。生徒たちは、プロジェクト期間中、お互いに話し合ったり、練習したりして、たくさんの成果を上げました。少なくとも2つのグループは、来週、自分たちのセクションのマスターコピーを記録し、別のセクションを選んで次の段階に進めるといいですね。発表会では、今までの作品を共有して、お互いの評価を行いました。
 
Week 5
Students continued to practice with their sections. The intro group and interview managed to record their final take on a laptop using an external microphone in a quiet space. They will now debate what section they would like to work on next week. The discussion group will practice a little more and be ready to record their final cut next week.
5週目
生徒たちは引き続きそれぞれのセクションの練習を行いました。イントログループとインタビューグループは、静かな場所にて、外部マイクを使ってノートパソコンへの最終テイクを録音することができました。そして、来週はどのセクションを担当するかを議論することになりました。ディスカッショングループは、もう少し練習して来週のファイナルカットの収録に備えます。


 
Week 6
The discussion section team managed to record the final cut of their section today. The other teams chose to work on an advice to Sky friends section and a story time section. There were many people in the story time section, so the group was dysfunctional, and students were not listening to each other. At the end of the lesson students were asked what went wrong with the group and were encouraged to suggest ways to improve for next week. The students provided excellent feedback and suggestions after successfully identifying the problem with the groups. From next week the story time group will be split into two smaller groups following their feedback.
6週目
ディスカッション担当のチームは、この日自分たちの班の最終カットを録音することができました。他のチームは、Skyクラス(年長)の生徒たちへアドバイスするセクションとストーリータイムをするセクションに取り組むことにしました。ストーリータイムのセクションは人数が多いため、グループが機能不全に陥り、生徒たちはお互いの話を聞いていませんでした。レッスンの最後に、生徒たちはグループのどこが悪かったのかを尋ねられ、来週上手く活動する為の改善策を考えるようにと言われました。グループの問題点を明確にした後、生徒たちは素晴らしいフィードバックと提案をしてくれました。来週からストーリータイムのグループは、そのフィードバックを受けて、2つの小さなグループに分けられます。
 
Week 7 – Heather
All three groups were able to complete their recordings today. The story group recorded Little Miss Dotty, Advice to Sky friends talked about a few rules, and the last group of three talked about their summer plans. The advice group was able to compare the rules with those are preschool when talking to Ms. Kitty, but then they only read the rules when they came to record with me. The groups were able to work well together and able to complete their work in a timely manner with some support.
7週目(ヘザー先生担当)
今日は3つのグループともレコーディングを終えることができました。ストーリータイムのグループはLittle Miss Dottyを読み、Skyクラス(年長)へアドバイスするグループはいくつかのルールについて話し、そして最後の3人グループは自分たちの夏の予定について話しました。アドバイスのグループは、キティ先生との会話の中では、プリスクールのルールと自分たちが考えたルールを比較して話すことができましたが、その後、私のところにレコーディングに来たときには、ルールを読みあげるだけでした。グループ間の連携は良く取れていて、サポートを受けながらも時間内に作業を終えることができました。
 
Week 8
After a quick recap of what they had done over the weeks students worked together practicing for their group presentation and also on their individual scripts and presented to their parents.
8週目
これまでの数週間の取り組みを振り返った後、生徒たちはグループでのプレゼンテーションの練習や、個人での台本作成に取り組み、保護者の皆様に報告しました。

 

最終プレゼンテーションでは、グループごとにどんな内容を録音したのか発表し、
みんなで録音したポッドキャストを聞きました。

協力して話す内容を考え、順番に録音したものを子どもたちみんなで聞いたときはとても嬉しそうでした。
子どもたちの頑張りのおかげで25分もの長さの「ポッドキャスト」ができあがりました。
ぜひ聞いてみてください!

CGKアフタースクール

一覧へ戻る

PAGE TOP