ソーシャルスタディレッスン紹介/Social Studies Lesson for Project Work

CGKアフタースクールでのレッスンについて紹介いたします。

CGKの2ヶ月間に渡って行うプロジェクト活動では、メインとなる「ドライビングクエスチョン」に基づいて学んでいきます。
今回の「ソーシャルスタディ」レッスンでのドライビングクエスチョンはこちらです。

“What is a TED talk and how can we use it to share our own ideas with others?”
TEDトークとは何でしょうか?また、TEDトークを使って自分の考えをどのように人と共有できるのでしょうか?

この問いに沿って、毎週子どもたちの興味を引き出す楽しいレッスンを行いました。
担当していたDan先生、Heather先生のコメントに訳をつけてご紹介します。



Week 1 - Dan
Students were introduced to the driving question “What is a TED Talk and how can we use it to share our ideas with people?”. Students gave their thoughts and opinions on what they thought were the key parts of the question and their ideas as to what a TED Talk is. We talked about what the word opinion means, that different people have different opinions about things, and that we can learn to understand each other’s different ideas.
We watched a few examples of TED Talks. First, we watched a few clips from a famous J-vlogger who was giving a talk about YouTube. We talked about the stage, the lighting, how he was standing, and the way he presented. Next, we watched some clips of kids TED Talks and focused again on the way they were presenting. One talk in particular, from a girl who gave a TED Talk about how it is important for children to learn from their mistakes and that parents should listen to the opinions of their children more, really got them interested. We then broke into groups to brainstorm ideas of what a TED Talk from after school students could be about. We wanted the children to focus on things that they know about and things they could share with others. For example, they go to school in Japan. Not everyone in the world goes to school in Japan, which makes them experts in this area through their experiences. 
生徒たちは、「TED Talkとは何か、そして自分のアイデアを人々と共有するためにどのようにTED Talkを使うことができるか」というドライビングクエスチョンをはじめに紹介されました。生徒たちは、この質問の重要な部分と、TEDトークとは何かについて、自分の考えや意見を述べました。Opinion、意見という言葉の意味、人によって意見が違うこと、そしてお互いの異なる考えを理解することを学ぶことができるということについても話しました。
TEDトークの例をいくつか見ました。まず、有名なJ-vloggerがYouTubeについて講演している映像をいくつか見ました。ステージ、照明、立ち方、プレゼンの仕方などについて話しました。次に、子供たちのTED Talksの映像を見て、彼らのプレゼンテーションの仕方に注目しました。中でも、「子どもは失敗から学ぶことが大切」「親は子どもの意見にもっと耳を傾けるべき」というテーマでTEDトークを行った女の子の話は、生徒たちの興味を引くものでした。その後、グループに分かれて、アフタースクールの生徒たちのTEDトークのアイデアを出し合いました。子どもたちには、自分たちが知っていること、他の人たちと共有できることをテーマにしてもらいました。例えば、彼らは日本で学校に通っています。世界中の誰もが日本の学校に通っているわけではありませんから、彼らは自分の経験を通してこの分野の専門家になるのです。

Week 2 - Heather
There was a long break between Monday classes, but the children were able to think about what they remembered related to TED Talks. They shared that a TED Talk is: sharing, talking, reading, interviewing, presenting, and listening. We discussed how there are listeners who listen to the person who is presenting/talking. And we talked about how reading and interviewing can be used to research topics.
In order to think about what makes a good presentation, we watched a bit of a TED Talk. The children identified that using a big mouth, your hands, and pictures help to make a good presentation. We then spent some time talking about good and not so good ideas for presentations. Overall, the students could understand that a good idea is one that they can talk about for 3 to 6 minutes and one in which they can share something that they know or that they can research.
長い休みがありましたが、子どもたちはTEDトークに関連して覚えていることを考えることができました。TEDトークとは、「共有すること」「話すこと」「読むこと」「インタビューすること」「発表すること」「聞くこと」であることを共有しました。プレゼンしている人の話を聞くリスナーがいることを話しました。そして、トピックのリサーチには、リーディングとインタビューが使われることを話しました。
良いプレゼンテーションとは何かを考えるために、TEDトークを少し見ました。子どもたちは、「大きな口で話すこと」「手を動かすこと」「絵や写真を使うこと」が良いプレゼンにつながることを確認しました。そして、プレゼンテーションの良いアイデアとそうでないアイデアについて、しばらく話し合ってみました。全体的に、良いアイデアとは、3分から6分程度話せるもので、自分が知っていることや調べたことを共有できるものだと理解できたようです。
 


Week 3 - Dan
Today, we discussed what topics do they want to talk about and who is going to talk about what topic. A new group was created of four students. Students were given time and teachers helped to plan out and start practicing what they were going to say for their TED Talk. In presentation time it was clear which groups had worked well together and which groups had not. With only two more full weeks of working on their TED Talks, we were looking forward to students make some progress next week.
今日はどんなトピックを話したいのか、誰がどんなトピックを話すのか話し合いました。4人の生徒からなる新しいグループが作られました。そして、生徒たちに時間が与えられ、先生たちも手伝って、TEDトークで何を話すかを計画し、練習を始めました。プレゼンテーションの時間では、どのグループがうまくいったのか、どのグループがうまくいかなかったのかが明らかになりました。残りの2週間で生徒たちがどんな成長を見せてくれるか楽しみです。
 
Week 4 – Heather
This week the children continued working on their TED Talks by creating clearer outlines that they can use during the presentations (rather than scripts) and determining who would say what. I will be meeting with students individually to type up the outlines and practice for their TED Talks.
今週、プレゼンテーション中に使用する(台本ではなく)明確なアウトラインを作成し、誰が何を話すかを決めました。そして生徒と個別に面談して、TEDトークのアウトラインを打ち込み、練習する予定です。
 
Week 5 – Heather
This week we started by having the Reuse and Recycle group do a run-through of their presentation and receive feedback from their peers. Afterwards they went to revise their presentations.
After that, we split the last four teams into two groups. They did practice presentations for each other. 
今週はまず、Reuse and Recycleグループがプレゼンテーションのランスルーを行い、仲間からのフィードバックを受けました。その後、彼らは自分たちのプレゼンテーションを修正しました。
その後、最後の4チームを2つのグループに分けました。お互いにプレゼンテーションの練習をしました。
 


Week 6: Presentation
The children did a great job with their presentations. Many of the students demonstrated some confidence in speaking and regarding their topics. Most are still working towards honing their presentation skills, but overall, they did a great job.
The first group was the School group. They demonstrated that they were taking the time to think about what they wanted to say.
The second group was the Karate group. They worked well together and showed that they had practiced. The two demonstrated their confidence in front of their peers.
Reuse and Recycle went third. They showed an interest in their topic and they demonstrated that they understood the importance of the making use of recycled materials, using water mindfully, and not being wasteful.
Fourth was the Learning Center group. This group had changed topics towards the end of the project, but demonstrated confidence regarding the topic. They were happy to share their pictures and followed the flow as best they could.
The last group was the Minecraft group. They were able to come out with a good presentation that demonstrated their knowledge of the topic. Student was able to elaborate on the points that interested him and supported another student in writing a more detailed script prior to the final presentation.
プレゼンテーションでは、生徒たちは素晴らしい発表をしてくれました。多くの生徒が、自分のテーマについて自信を持って話していました。まだ、プレゼンテーションのスキルを磨くために努力している生徒もいますが、全体的には素晴らしい発表でした。
最初のグループは学校に関して発表したグループです。彼らのTEDトークは言いたいことをじっくり考えていたことがわかりました。
2番目のグループは、空手家のグループです。彼らはうまく協力して、練習したことを示しました。2人の女の子は全体的に自信をもって発表してくれました。
次は「Reuse and Recycle」グループです。自分たちのテーマに興味を持ち、リサイクル素材を利用すること、水を大切に使うこと、無駄遣いをしないことの重要性を理解していることを発表してくれました。
そのあとは「Learning Center」グループ。このグループは、プロジェクトの終盤になってテーマを変更しましたが、そのテーマについて自信を持っていました。彼らは自分の写真を喜んで共有し、できる限り流れに沿って行動しました。
最後のグループはMinecraftグループです。彼らは、テーマに関する知識を証明する良いプレゼンテーションを行うことができました。自分が興味を持った点を詳しく説明したり、友達が最終プレゼンテーションの前に、より詳細な台本を完成させるサポートをしてくれました。
 

 
生徒自身でテーマを考え、プレゼンを組み立て、練習し、資料を作成し、発表するというのはとても大変で難しかったです。それでも先生の助けを借りながら、グループで協力する姿、友達を助ける姿に成長を感じました。
「難しい」という経験も子どもたちにとって大切な時間です。お友達と協力することで達成できたり、繰り返し挑戦することで達成できたりという経験をこれからも子どもたちにしてほしいと思います。
 
CGK Afterschool

一覧へ戻る

PAGE TOP